認知症 介護保険 疾患

認知症とは

 

認知症脳、身体の疾患が起因となり、記憶や判断力が低下し、社会生活を普通にすごせなくなった状態。

 

老化現象としての「もの忘れ」とは異なり、急速に脳細胞が失われ、記憶の全てがなくなったりします。

日常生活に支障をきたすことが多いのも、認知症の特徴といえます。

 

 

・代表的な疾患

 

代表的な疾患としては、「アルツハイマー病」「脳血管性障害」がよく挙げられます。

 

→アルツハイマー病

→脳血管性障害

 

 

・高齢者の日常生活自立度

 

障害を持っていたり、認知症を患っている高齢者の自立度を測るために、市町村は

認知症高齢者の日常生活自立度

障害老人の日常生活自立度

を調査します。

要介護認定では、一次判定の結果にこれらの自立度を反映させています。

 

認知症高齢者の日常生活自立度 基準

障害老人の日常生活自立度 基準

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ