介護保険 住宅改修費 再度補助

・住宅改修費について

住宅改修の説明は、以下のページにもあります。

→介護保険 住宅改修 内容について

 

 ・支給限度基準額

支給限度基準額=20万円

この金額の内、9割分が補助されます。(最大:18万円)

 

費用が20万円を越えてしまった部分は全額自己負担になります。

また、住宅改修は数回に分けて行えます。(支給上限基準額に達するまで何回でも補助が受けられる)

・再度補助が受けられる場合

普通、上限基準額まで補助を受けられるのは1回だけです

しかし、1度だけですが、もう一度支給上限基準額20万円まで補助を受けることが出来る場合があります。

 

1.引越しをして住所が変わったとき。

2.要介護状態区分で「介護の必要の程度」が3段階以上上昇したとき。

次のパターンが考えられます。

一.要支援1(経過的要介護・要支援)要介護3~5

二.要介護1または要支援2要介護4~5

三.要介護2要介護5

 

「介護の必要の程度」の段階と要介護等状態区分の関係

介護の必要の程度」の段階 要介護等状態区分
第六段階 要介護5
第五段階 要介護4
第四段階 要介護3
第三段階 要介護2
第二段階 要介護1または要支援2
第一段階 要支援1(経過的要介護・要支援)

※注意点

再度住宅改修の補助が受けられるようになったとき、使い切っていない部分はリセットされます。

「合計で支給上限基準額が40万円まで」になるわけではないので、注意してください。

 

 

 

スポンサードリンク

One Response to “介護保険 住宅改修費 再度補助”

サブコンテンツ

このページの先頭へ