介護保険 訪問介護 種類について

訪問介護の種類

訪問介護には大きく分けて3種類あります。

利用者に対し直接的に行う介助

おもに入浴・排せつ・食事・起床就寝・通院時の移動介助等が該当します

・自立支援のためのサービス

利用者の日常生活に必要な動作能力等を改善するために、ヘルパーが利用者とともに行うサービスのことをいいます。

 

・その他のサービス

利用者の心身の状態に合わせて必要となってくる専門知識・技術を提供する事で、利用者の日常生活の改善を図るサービスです。

たとえば、生活に関する相談や生活するうえでの助言なども「その他のサービス」に含まれます。
※利用者に直接触れて行う介護を「身体介護」、身体介護以外の訪問介護を生活援助」といいます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ