介護保険 住宅改修 内容について

介護保健では、要支援・要介護の認定された方に住宅改修費に対する給付制度を行っています。

このサービスは一生涯で20万円の限度額(要介護状態状態が著しく上がった場合および転居した場合は再度利用可能)とされ利用額の一割を利用者が負担する事で適用となります。つまり、最高で18万円の支給が受けられるという事です。  

改修工事は、どの業者に依頼してもかまいませんが、バリアフリーのノウハウを持っているか、適切な執行を行ってくれるかなど、業者選びは慎重に行う必要があります。

住宅改修内容

高齢者・障害者が居住する住宅を、より適した環境にするために施すため例えば下記のような住宅改修工事を行います。

1.手すりの取り付け
2.段差の解消
3.滑り防止等のための、床または通路面の材質の変更
4.扉の取替え
5.便器の取替え
6.浴槽の取替え
7.水周りの改修
8.その他

上記の内容のうち、必要であると判断されたもののみが介護保険の助成対象になります。

 →介護保険 住宅改修 流れ

→介護保険 住宅改修 支給額 上限

→介護保険 住宅改修 注意点

スポンサードリンク

2 Responses to “介護保険 住宅改修 内容について”

介護保険 住宅改修費 再度補助 | 介護保険制度の総合情報サイト にコメントする

サブコンテンツ

このページの先頭へ